洗濯洗剤が原因で乳児湿疹ができる?その理由とは?

赤ちゃんなら一度は経験すると言われている乳児湿疹。

誰もが体験すると言われる理由は乳児湿疹が赤ちゃんのお肌にできる湿疹の総称だからです。
赤ちゃんのお肌にできる湿疹ならすべて乳児湿疹と呼ぶのですから、湿疹ができることなく乳幼児期を過ごす方が難しいともいえます。

そんな乳児湿疹ですが、もちろんなるべくできないに越したことはありません。

乳児湿疹から子供のお肌を守る方法はいくつか考えられますが、その一つに洗濯洗剤の見直しが挙げられます。

ママやパパは子供のお肌に直接触れるものにはかなり慎重になられるケースが多いですが、直接触れないものにはなかなか意識がいきにくいのも現実です。

洗濯洗剤は赤ちゃんのお肌に直接つけるようなものではなく、衣類やタオル、スタイなどを洗うためのものです。
ですが、洗濯洗剤に使われる成分というのは洗剤が化粧品ではなく雑貨であることから化粧品ほどの人のお肌へのやさしさが考慮された構成になっていないケースが多いのです。

洗濯の際に使った洗剤が洗い終わった衣類やタオルなどに残ってしまい、子供に着せた際やタオルを使った際に洗剤成分が溶けだし、お肌への負担となり乳児湿疹につながることもあります。

そういったことも考慮すると洗濯洗剤の選び方も気を付けないといけないということになります。

では具体的に赤ちゃん用の洗濯洗剤はどのようなものを選べば良いのでしょうか?

基本的に2つのポイントがあります。

1つは仮に洗濯後の衣類やタオルに残ったとしてもお肌への負担となりにくい成分で作られていること。
もう1つは、成分自体の生分解性が高く衣類やタオルに残りにくいものであること。

この2つを意識して洗濯洗剤を選んであげると良いでしょう。

まず、お肌への負担を考慮すると蛍光剤や漂白剤といった洗濯後の衣類の見た目を良くする成分は入っていないものが良いですし、洗浄成分として使われる成分も洗剤にはラウリル硫酸Naが良く使われますが、それが入っていないものが良いです。ラウリル硫酸Naの場合は高級アルコール系洗浄剤と表記されていたりしますが、高級アルコール系洗浄剤が全てラウリル硫酸Naのことではないので注意しましょう。

そして、生分解性の高い成分をチョイスしていると仮に成分が残ったとしても分解されやすいので微生物によって無機物に分解されてお肌に負担をかけません。また生分解性が高いことは下水を汚さず環境へのやさしさにもつながります。

とにかくベビーソープやベビーローション、ベビーオイル、衣類の素材(※オーガニック等)を見なしてもいっこうに乳児湿疹が改善しない場合には一度洗濯洗剤を見直してみることをおすすめします。

~adminbabysenzai


No Responses Yet to “洗濯洗剤が原因で乳児湿疹ができる?その理由とは?”

Leave a Reply