母乳で乳児湿疹?スキンケアだけじゃない原因とは?

乳児湿疹とか幼児湿疹とかいわれる赤ちゃんのお肌の湿疹は何もスキンケアだけが対策とは限りません。

なぜなら母乳が原因で乳児湿疹ができるケースもあるからです。

どうして母乳が乳児湿疹の原因となるのか?その理由を知るためには母乳が何でできているかから知る必要があります。

母乳が何でできているかというと、血液です。

真っ白なのに血液?と思われるかもしれませんが、血液から母乳が作られます。

そして母乳となる行程で赤い色である赤血球がなくなるから母乳が白い色となります。

血液なんて吸って栄養があるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
血液から母乳になる行程で栄養は追加されていますし、さらにいうと血液なんて栄養の塊です。

なぜなら食事で摂った栄養は胃や腸で分解され腸で吸収され血液に乗って体中に運ばれるからです。

食事が身体を作るという言葉を良く耳にしますが、まさに食事が身体を作っているわけです。

食事を摂らないと栄養が吸収できず、血液中に含まれる栄養がすくなくなり、体に様々な不調をきたします。

つまり、血液から母乳が作られるということは、ママの食事内容が血液中の栄養を左右するためママの食事が母乳に影響を与えるということになります。

つまり、栄養バランスを考えて食生活に気を使っているママの母乳と偏食や外食、ファーストフードばかりのママの母乳とでは内容が異なって当たり前ということです。

そんな母乳を栄養源とするのが赤ちゃんなので、母乳に栄養が足りなかったり、母乳の質が良くなかったりすると赤ちゃんのお肌にも影響を与えます。

それが原因で乳児湿疹につながることがあるわけです。

どんなスキンケアをしても治らなかった乳児湿疹がママの母乳育児からミルクへ変えたことで湿疹がなくなったなんていうことも起こったりしています。

母乳の質といっても同じ食事をしてもママによって吸収率なども異なりますので、どうすればどうなるということが明確にわかることではありませんが、ママ自身の食事が我が子への栄養に直結すると思えばママ自身の食生活を改善しようという考えになるかもしれません。

ちょっとした気を付けようという考えが食生活に大きな影響を与え、それが我が子の栄養にも関係してきますので、是非、我が子の健康的な成長のため、そして乳児湿疹対策として食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

~adminbabysenzai


No Responses Yet to “母乳で乳児湿疹?スキンケアだけじゃない原因とは?”

Leave a Reply