乳児湿疹とは?原因と対策法について!

これから子育てを始めるママにまず知っておいてほしいことは、
乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんが一度は経験するということです。

なので、乳児湿疹ができたからといって深刻に悩む必要もありません。

赤ちゃんのお肌は大人に比べたらかなりデリケートなんです。
大人でも敏感肌とか乾燥肌でお悩みの方いますよね。

それと同じような感じです。

だからこそ赤ちゃんは乳児湿疹ができやすいのです。

では乳児湿疹というのはそもそもなんなのでしょうか?

肌に赤い発疹ができて病院に連れて行ったら「乳児湿疹ですね」というお医者さんのひとこと。

つまり乳児湿疹というのは赤ちゃんの肌にできる湿疹の総称なのです。

では赤ちゃんの肌によくできやすいとされる湿疹とはどんなものがあるのでしょうか?

汗疹(あせも)
おむつかぶれ
新生児ニキビ
脂漏性湿疹
アトピー
食物アレルギー
接触性湿疹

などがあります。

アトピーは乳児湿疹とは別扱いされることが多いですが、
赤ちゃんにできる湿疹ということで乳児湿疹に含んでしまう場合もあるようです。

特に赤ちゃんの場合はアトピーなのか他の湿疹なのかの見分けがつきにくく、
ある程度赤ちゃんが成長するまでの間は様子を見るためにも乳児湿疹扱いにする場合も多いようです。

こういった乳児湿疹の原因というのはなんでしょうか?

簡単にいうとお肌の状態が悪い=健やかな肌ではない
という状態です。

お肌の状態が悪いというのは
肌表面が不衛生である場合や肌がカサカサに乾燥していてバリア機能を失っている場合、外部からの刺激でお肌そのものが弱っている状態などが挙げられます。

つまり、乳児湿疹対策として必要なケアは
これらの不衛生や乾燥、外部からの刺激を改善してあげることなのです。

つまり、清潔、保湿、低刺激なスキンケアをしてあげることが乳児湿疹対策としてのベビースキンケアとなります。

~adminbabysenzai


No Responses Yet to “乳児湿疹とは?原因と対策法について!”

Leave a Reply