ニキビ跡のクレーターを改善して赤ちゃん肌を目指す方法

私は、30代の女性ですが、小学生のころからニキビができ始め、社会人になってもニキビがぽつぽつできている状態でした。

若いころはニキビができていることが、かなり悩みの種だったのですが、25歳を過ぎてからはニキビ跡に悩むようになりました。

私のできていたニキビは大きなニキビではなくて、小さなニキビでした。
そのため、皮膚科へ行かずに自己流で市販の薬で治そうとしていたのが、良くなかったのだと思います。

主婦になり、時間だけはありましたので、いろいろとニキビ跡の改善方法について調べていました。
そして最終的にいきついたのが、肌自身の持つ自然治癒力に頼るというものでした。

最初はあまりお手入れをせずに放置しておくということをしていたのですが、最初だけよくて後はなかなか改善しませんでした。

そのため、さらに肌の自然治癒力を高めるためにダ―マーローラーという美容法を見つけ実践してみました。

この美容法は針のついたローラーを肌の上で転がし、肌が自分でコラーゲンを増やしていくというものです。
かなり勇気がいりましたが、今までで一番の効果を感じました。

1カ月ごとに5回ほど行いました。完全につるっとした状態ではありませんが、毛穴の開きが大分解消され
ニキビもできにくくなりました。
クレーターニキビ跡も薄くなってきました。

自己流で行いましたので、すべての方におすすめはできませんが、美容外科でもできるようですので、
お金のある方は病院でされるのをおすすめしたいです。

お肌の自然治癒力を高めるために健やかなお肌へと導くケアがニキビ跡消すには大切です。

ニキビケアに関する様々な情報を知りたい方はこちら⇒ニキビ跡消すおすすめ方法の情報サイト

~adminbabysenzai


No Responses Yet to “ニキビ跡のクレーターを改善して赤ちゃん肌を目指す方法”

Leave a Reply