お肌のブツブツは乳児湿疹?それともアトピー?違いは?

赤ちゃんのお肌にはよく湿疹ができます。

その湿疹が乳児湿疹なのかそれともアトピーなのか、わからないことが多々あります。

実際のところ、新生児期などの湿疹は乳児湿疹なのかアトピーなのか病院の医師でも判断がつかないこともあるようです。

それくらい判別が難しいのですが、乳児湿疹とアトピーの特徴を知ることでなんとなく判断することができるかもしれませんね。

乳児湿疹には種類があり、ニキビや脂漏性湿疹、おむつかぶれ、汗疹などがあります。

その中で、かゆみが生じやすいのが汗疹です。
ニキビや脂漏性湿疹はかゆみは生じにくいですが、脂漏性湿疹の場合フケの原因菌が増殖した場合には痒みを感じることもあります。

おむつかぶれも痒みが生じる可能性がありますが、おむつかぶれは症状がひどくなるとそれこそ血が滲み痛みが生じることがあります。

また湿疹はなくてもお肌がカサカサになっている場合もありますね。

ただの乾燥肌なのかそれともアトピーの症状の一つなのか判断が難しいところです。

アトピーの特徴としては症状が左右対称に出やすい。
そして強い痒みが生じるというのが一般的です。

そのため、痒みが生じていない湿疹はアトピーの可能性は低そうです。

ただし、痒いかどうかはママやパパではわかりませんよね。
赤ちゃん自身がかゆみを感じているかどうかは赤ちゃんの様子を見て判断するしかありません。

湿疹が出ている場合は痒みのあるかどうか、左右対称に症状が出ているかどうかなどである程度乳児湿疹かアトピーかの判断はできそうですね。

カサカサの乾燥肌の場合には判断は正直にいって難しいです。

乾燥肌も痒みを生じやすいですし、乾燥肌の悪化からアトピーが発症するケースもあるようですので、お肌の乾燥とアトピーの関係性は強そうです。

またアトピーのお肌はセラミドが不足しているとも言われていますので、セラミドはお肌の保湿に関係していますので、セラミドが不足しているということは乾燥肌になりやすいということでもあります。

赤ちゃんの頃は乳児湿疹とアトピーの判断を無理にするよりも、湿疹や痒みに対しては病院で薬をもらって治療し、日々のスキンケアではしっかりと保湿ケアをしてあげることが乳児湿疹でもアトピーでも大切なケアとなります。

アトピーの場合は病院の先生との二人三脚で治療を進めていくのが基本となりますので、相談しながら日々のスキンケアを行っていくと良いでしょう。

~adminbabysenzai


No Responses Yet to “お肌のブツブツは乳児湿疹?それともアトピー?違いは?”

Leave a Reply